十文字中学・高等学校女子サッカー部。中学・高校・U-18・U-15。学校見学・入部体験随時受付中。

クラブ紹介 中学FC 高等学校FC U-18 U-15 スタッフ紹介 体験会のご案内 リンク お問合せ HOME

2010/12/06
後援会忘年会/豊島区広報誌 ひと・まち・としまに掲載されました。


週末は、サッカー部後援会(高校の部)の忘年会にご招待いただき,とても多くの方々が参加し凄い熱気で楽しい会でした。 現役の父母の方々を中心に、野口、冨樫元会長をはじめ、森田さんや小島さん、横山、三澤さんといった後援会の元役員の方々も参加していただき、学園からも、不老先生、浜先生も特別ゲストとして2次会までお付き合い。有り難うございました。不老先生の皆を一瞬にして和ませる力は、素晴らしいです。

 卒業してからも、十文字の現役を多くの方々が応援して下さることの意味を真摯に受け止め頑張ろうと思います。頑張るのは、サッカーの競技実績が全てではありません。卒業してからどのように社会に貢献できるかを意識できるような部活動生活を送ることができるか・・・・
『身を鍛え 心鍛えて 世の中に たちてかひある 人と生きなむ』この言葉に象徴されます。 充実した部活動生活を送る意味は深いと思います。 

--------------------------------------------------------------------

豊島区広報課の坂本さんには以前から十文字サッカー部を応援していただいております。その坂本さん通じて、広報誌に取り上げていただきました。


『全国・世界を舞台に活躍中のサッカー部を知っていますか?』

大塚にある十文字高等学校。
近年、サッカー部の活躍が著しい。1996年に同好会から発足し、「走れ、競れ、粘れ」をモットーに練習を重ねてきたサッカー部。今年度は、全日本高等学校女子サッカー選手権の全国大会に出場(4年連続)、女子ユースU18サッカー選手権の全国大会に駒を進める(※)など、全国で実力を発揮している。

 発足当初から監督を務めている石山先生は、「サッカーを通して十文字を元気にする!を目標に団結しています。勝ち負けだけでなく、感動を与えられるようなプレーを目指しています。どんな時にも諦めない。見ている人になんであそこまで頑張れるんだろうと思ってもらえたら最高ですよね」と語ってくれた。

 熱い思いで結束したサッカー部には、世界を舞台に活躍する部員も多い。山本摩也さん(3年生)は、女子W杯U―17アジア大会に出場し活躍。3年生の仲間が引退する中もチームにとどまり、キャプテンとして女子ユース優勝を目指している。横山久美さん(2年生)は、W杯の決勝大会に出場。チーム最多の6得点をあげ、シルバーボール賞を受賞した。

 活躍めざましい女子サッカー部だが、石山先生は部員たちに「文武両道。プレーだけじゃなく、勉強・礼儀などもきちんと身につけてください」と伝えているという。「日本では、女子サッカーはトップリーグでもセミプロ。職業とするには厳しい部分もあります。サッカーを辞めた後のことまで考えることが大事なんです」と語る石山監督からは、教師として生徒のことを思いやる姿がうかがえた。

※女子ユースU18サッカー選手権の全国大会は来年1月に行なわれる。

トップページへ戻る一覧に戻る
本サイトに掲載されている画像・文章等全ての内容の無断掲載・引用を禁止します。
このホームページは、十文字中学高等サッカー部独自で制作しております。
Copyright © Jumonji Junior and Senior High School Football Club All Right Reserved.