十文字中学・高等学校女子サッカー部。中学・高校・U-18・U-15。学校見学・入部体験随時受付中。

クラブ紹介 中学FC 高等学校FC U-18 U-15 スタッフ紹介 体験会のご案内 リンク お問合せ HOME

2011/11/10
AFC U-16女子選手権中国2011 3連勝


本校、野口選手が参加しているアジア予選。順調のようです。

(JFA HPより)
2011年11月3日(木)17:30キックオフ(現地時間)
中国、南京@Jiangning Sports Centre
U-16日本女子代表 1-0(前半0-0) U-16朝鮮民主主義人民共和国女子代表

※北朝鮮戦マッチレポートより
吉田監督は後半から中盤の底に平田美紀に替えて野口彩佳を送り込む。
その野口が53分には相手ゴールから30mの距離からミドルシュートでゴールを狙ったが、相手GKに弾かれて惜しくも決まらず。
逆に朝鮮民主主義人民共和国もその1分後には右サイドからのクロスに逆サイドでKim Phyong Hwaが頭で合わせるも平尾の正面。
その直後、右サイドからあげられたクロスは平尾の前を抜けて日本ゴールの前を通ってあわやというシーンとなったが、逆サイドに入ってきた相手選手が決めきれず、日本がまたも危険な場面をしのぐ。

61分に中村みづきに替わって入った籾木結花がその1分後に相手ペナルティエリア正面のすぐ前で倒され、日本がビッグチャンスを迎えた。しかし、籾木自らが狙ったFKからのシュートは惜しくもゴールの上外。
75分過ぎから朝鮮民主主義人民共和国は次々と長いボールを入れ、日本ゴール前にボールを運ぼうとするものの、土光真代、乗松瑠華、清水梨紗、万屋美穂ら日本の最終ラインが身体を張った守りを見せて跳ね返す展開が続いた。
苦しい時間帯を凌いだ日本は試合終了直前にチャンスを迎える。

後半ロスタイム、右CKを得て隅田凛が入れたボールは一度はクリアされたものの、続く2本目のCK。ファーサイドに鋭いボールが入り、フリーの乗松が確実に頭で押し込んで劇的な決勝点とし、日本ベンチも大きな歓喜に包まれた。
この乗松の値千金のゴールによって、日本は重要な初戦をうれしい勝利で飾ることに成功した。




2011年11月5日(土)14:30キックオフ(現地時間)
中国、南京@Olympic Sports Centre Stadium
U-16日本女子代表 10-1(前半4-0) U-16タイ女子代表

2011年11月7日(木) 14:30キックオフ(現地時間)
中国、南京@Jiangning Sports Centre
U-16日本女子代表 3-0(前半2-0) U-16中国女子代表

トップページへ戻る一覧に戻る
本サイトに掲載されている画像・文章等全ての内容の無断掲載・引用を禁止します。
このホームページは、十文字中学高等サッカー部独自で制作しております。
Copyright © Jumonji Junior and Senior High School Football Club All Right Reserved.